皆さん、毎年「6月の第一木曜日」って何の日か知ってますか?



タイトルに書いてあるからバレバレですが(苦笑)、フランス農水省の提唱する「アペリティフの日」なんです


IMG_2422




そもそもアペリティフって何?という方も多い筈・・・

Aperitifとはフランス語で食前酒の事


日本ではフランス農水省の外郭団体でSOPEXA(ソぺクサ フランス食品振興会)という団体が主導でここ数年広めているのですが、そのHPから引用すると以下のように書いてあります。


『2010年フランス・ガストロノミーがユネスコの無形文化遺産に登録されました。フランス料理そのものではなく、フランスの伝統の食文化が、改めて世界に認められたのです。
私どもが推奨する「アペリティフの日」はまさにフランス食文化の結晶といえましょう。』

『フランスの食文化の真髄に位置するのがゆとりのある食習慣です。
ヨーロッパの中でも特にフランス人は、ライフスタイルを大切にし、日々の生活の中に、ゆとりのひと時を求めます。そのひとつとして、なくてはならないのが「アペリティフ」を楽しむ習慣です。食に至上の喜びを求めるフランス人とって、食卓について食事を始める前に飲み物とつまみで友人たちとおしゃべりを楽しむ「アペリティフ」タイムは欠かせません。』


う〜ん、文化ですね〜(笑)

フランス人ってなんでも小難しく語りますよね〜(爆)
(フランス人に言わせれば、自分たちの思考はシンプルだ!!と、日本人の思考は複雑で難しい!!となるのですが(;¬_¬)

つまり豊かな時間を過ごす為に、本格的な食事の前に軽いつまみを食べながら、食前酒を口にし、おしゃべりを楽しむ習慣の事なんです

せっかちな日本人は苦手なのですが確かにこの時間が一番楽しい時間であり、
もしかするとフランス料理の醍醐味はこのアペリティフタイムにあるのかもしれないとさえ思います。




で、アッシュ×エムでも今年は『アペリティフの日』をやっちゃいます


6月1日(金)から10日(日)までの間、ランチでもディナーでも食前酒(ビール・ワインは含みません)をご注文頂いた皆さんに、手塚シェフ特製のアミューズ・グール(アペタイザー、先付の小皿)を1品プレゼント致します


024自家製ハムんのピンチョス




アペリティフを飲みながら食事の前の会話を楽しみ、ワイワイガヤガヤメニューを選ぶ楽しさや時間を使う豊かさを味わってみてください



【H×Mのアペリティフの日】

期間:6月1日(金)〜10日(日)

特典:食前酒をご注文の方全員にシェフ特製のアミューズ・グール(アペタイザー、先付の小皿)を1品プレゼント
※ランチ、又はディナーのお食事をされる方に限ります

*週末などは大変混み合いますので、お席のご予約をオススメ致します。